シルクスクリーン印刷について

公開日: : プリントについて

Tシャツのプリント方法には、代表的なシルクスクリーンの他、インクジェットダイレクトプリント・ラバー転写・コピー転写・昇華転写・刺繍など様々なプリント方法があります。

各プリント方法によりプリントできる内容やデーターを作る際の注意点等があります。
通常のグラフィックデザインとは大きく異なる点等もあり、プロで活躍してみえるデザイナーの方たちでもこれを理解されておらず、入稿後かなりの手直し、または作り直しをお願いしないといけない点が多々有ります。

プリント方法によってできるデザイン、できないデザインもありますので、データーをご自分で作られない方も、イメージを作る際に知っておいていただくと後で手直しが減ってスムーズに作業も進行していけると思います。

まずは、Tシャツプリントといったらこれ!
「シルクスクリーンプリント」

今ほどいろいろなプリント方法が現れるずっと以前からのプリント方法で、今でもTシャツプリントといったらシルクスクリーンが定番です。

お店で売られている大半がこのプリント方法でプリントされています。

プリント方法のイメージとしては、年代的にわからに方もみえると思いますが「ガリ版印刷」のTシャツ版っといった感じです。

プリントには型が必要で、型には絵の部分にだけ穴が開いた膜が張ってあり、専用台の上に置いたTシャツの上にインクを乗せた型を置き、スキージーと呼ばれる ヘラのようなもので型の上のインクを引くと型の穴の開いた部分からインクがTシャツに移りプリントされるといった仕組みです。

o0640033613467200764

このプリント方法は、耐久性も高く、色及びインクの種類のバリエーション等も多く多くの素材アイテムに対応します。
質感もまさに販売されているものと同じですので、まずはこの「シルクスクリーン」をメインに考えてみてはいかがでしょう。

ただし、最近は技術の進歩もありかなり細かな部分まで表現できるようにはなりましたが、それでも写真やクラデーション表現等はにがてで、また各箇所各色ごとに型が必要なため数量が少ない場合は一枚あたりの単価が高額になってしまう傾向にあります。

各業者ことにできる範囲の違いがありますが、できるだけ単純なデザインにいておくことが後々のトラブルを避けるコツです。

入稿の際の注意をよく読んで、できるだけ確実に表現できるデザインを心がけましょう!

目安としては1mm。
線もドットもこの1mm以上を意識すると、出たとこ勝負を避けることができます。

シルクスクリーンプリントについては奥が深いので、また別のページで説明はしていきたいと思いますが、慣れないうちは以上のことに注意してみてください。

Sponsored Link

関連記事

156

Tシャツデザイン、慣れないうちのデザインはシンプルに考えよう!

今回はTシャツプリントでは一般的な「シルクスクリーンプリント」でのデザインの注意点など。 この

記事を読む

IMG_4825

プリントの大きさを考えよう!

今回はシリクスクリーンプリントでプリントの大きさを決める際に注意しないといけないことについて。

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
16035517_xxl
オリジナルTシャツを作るタイミングは?

暖かい日が多くなってきて少しずつ春が感じられる季節になってきました。

o0600030713471139789
デザインができないときは思い切ってプロに頼みましょう!

今回はデザインというよりデザインができなかったらというお話。 デ

siruku
シルクスクリーン印刷について

Tシャツのプリント方法には、代表的なシルクスクリーンの他、インクジェッ

o0640039013469406872
手書きデザインのコツ

ある程度イメージができているけどTシャツ用のデーターを作ることができな

156
Tシャツデザイン、慣れないうちのデザインはシンプルに考えよう!

今回はTシャツプリントでは一般的な「シルクスクリーンプリント」でのデザ

→もっと見る

PAGE TOP ↑