Tシャツデザイン、慣れないうちのデザインはシンプルに考えよう!

公開日: : プリントについて

今回はTシャツプリントでは一般的な「シルクスクリーンプリント」でのデザインの注意点など。

このシルクスクリーンプリント、水と空気以外はなんでもプリントできると言われるほど優秀なプリント方法なんですが、Tシャツにプリントする際はいろいろ注意がいります。

プリントについて技術的なことを書き出すとかなり専門的になってしまい混乱してしまう方もみえると思うのでとりあえず詳しいことは別のページで説明するとしてここではこんな感じにしたほうがいいよって言う程度にしておきたいと思います。

歴史の古いシルクスクリーンプリントですが、最近は技術の進歩もあり様々な表現が可能になりました。
しかし、街で売っているTシャツを見ると圧倒的に太めの文字やマークで1色または2色程度の色数でプリントしてあるものが多いと思います。

シルクスクリーンプリントは各色毎に版が必要なため色数が増えるほど版代がかさみある程度ロットにボリュームがないと販売価格が高くなってしまたりするからです。

それに色数が増えたり、プリント箇所が多くなるとインクで生地自体を覆ってしまう部分が多くなり着心地も悪くなってしまいます。

Tシャツ用に使われるシルクスクリーンインクの多くはラバーインクといってゴム状のインクが使ってあるためプリントした部分はどうしても通気性も悪くなります。

染み込みプリントといって生地自体に染み込んで素材感を維持できるプリント方法もありますが、Tシャツの色が淡くないと色が生地の色に負けてしまうため、圧倒的に多い黒や紺などのTシャツには向きません。

なので個人で作られる場合などは、まずはできるだけ色数の少ない状態でプリントも2箇所か3箇所くらいまでに抑えて考えられることをお勧めします。

o0541015613468479765

よくイメージの段階で色を思う存分使ってかなり色数の多い状態でお持ちになる方が見えますが、かなりの予算オーバーで1から考え直し何てこともあるので、こういった手間を省くためにも、この色数、印刷箇所と型代プリント料金の関係がよく理解できるまではできるだけシンプルに考えてみてください。

ちなみに金に糸目はつけないからこれでやってくれっというお客様ならこういったことも考えず持って来ていただいても大丈夫ですし業者側としても腕の見せ所で大歓迎だとは思いますが…^^;

Sponsored Link

関連記事

siruku

シルクスクリーン印刷について

Tシャツのプリント方法には、代表的なシルクスクリーンの他、インクジェットダイレクトプリント・ラバー転

記事を読む

IMG_4825

プリントの大きさを考えよう!

今回はシリクスクリーンプリントでプリントの大きさを決める際に注意しないといけないことについて。

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
16035517_xxl
オリジナルTシャツを作るタイミングは?

暖かい日が多くなってきて少しずつ春が感じられる季節になってきました。

o0600030713471139789
デザインができないときは思い切ってプロに頼みましょう!

今回はデザインというよりデザインができなかったらというお話。 デ

siruku
シルクスクリーン印刷について

Tシャツのプリント方法には、代表的なシルクスクリーンの他、インクジェッ

o0640039013469406872
手書きデザインのコツ

ある程度イメージができているけどTシャツ用のデーターを作ることができな

156
Tシャツデザイン、慣れないうちのデザインはシンプルに考えよう!

今回はTシャツプリントでは一般的な「シルクスクリーンプリント」でのデザ

→もっと見る

PAGE TOP ↑